トップ > ニュース

ニュース


エンジニアリング課では、塗装ブース、局所排気装置の定期自主点検代行業務を開始致しました。

局所排気装置・塗装ブース等は、法令により年1回の定期自主点検が義務付けられており、3年間の検査記録保存が義務付けられております。

定期自主検査を行っていない、又はどのように検査を行うのかご不明な企業様は是非ご相談下さい。

設備状況等により金額は変わって参りますが、状況を確認の上、御見積書を御提出致します。


以下に有機溶剤中毒予防規則の一部項目を抜粋したものを記載致しますのでご参考下さい。


有機溶剤中毒予防規則(抜粋)

第五条 (第一種有機溶剤等又は第二種有機溶剤等に係る設備)
事業者は、屋内作業場等において、第一種有機溶剤等又は第二種有機溶剤等に係る有機溶剤業務(第一条第一項第六号ヲに掲げる業務を除く。以下この条及び第十三条の二第一項において同じ。)に労働者を従事させるときは、当該有機溶剤業務を行う作業場所に、有機溶剤の蒸気の発散源を密閉する設備、局所排気装置又はプッシュプル型換気装置を設けなければならない。


第二〇条(局所排気装置の定期自主検査)
令第十五条第一項第九号の厚生労働省令で定める局所排気装置(有機溶剤業務に係るものに限る。)は、第五条又は第六条の規定により設ける局所排気装置とする。


事業者は、前項の局所排気装置については、一年以内ごとに一回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。ただし、一年を超える期間使用しない同項の装置の当該使用しない期間においては、この限りでない。
 フード、ダクト及びファンの摩耗、腐食、くぼみその他損傷の有無及びその程度
 ダクト及び排風機におけるじんあいのたい積状態
 排風機の注油状態
 ダクトの接続部における緩みの有無
 電動機とファンを連結するベルトの作動状態
 吸気及び排気の能力
 前各号に掲げるもののほか、性能を保持するため必要な事項


事業者は、前項ただし書の装置については、その使用を再び開始する際に、同項各号に掲げる事項について自主検査を行わなければならない。

(プッシュプル型換気装置の定期自主検査)
第二十条の二
令第十五条第一項第九号の厚生労働省令で定めるプッシュプル型換気装置(有機溶剤業務に係るものに限る。)は、第五条又は第六条の規定により設けるプッシュプル型換気装置とする。


前条第二項及び第三項の規定は、前項のプッシュプル型換気装置に関して準用する。この場合において、同条第二項第三号中「排風機」とあるのは「送風機及び排風機」と、同項第六号中「吸気」とあるのは「送気、吸気」と読み替えるものとする。

(記録)
第二十一条 
事業者は、前二条の自主検査を行なつたときは、次の事項を記録して、これを三年間保存しなければならない。
 検査年月日
 検査方法
 検査箇所
 検査の結果
 検査を実施した者の氏名
 検査の結果に基づいて補修等の措置を講じたときは、その内容

(点検)
第二十二条 
事業者は、第二十条第一項の局所排気装置をはじめて使用するとき、又は分解して改造若しくは修理を行つたときは、次の事項について点検を行わなければならない。
 ダクト及び排風機におけるじんあいのたい積状態
 ダクトの接続部における緩みの有無
 吸気及び排気の能力
 前三号に掲げるもののほか、性能を保持するため必要な事項


前項の規定は、第二十条の二第一項のプッシュプル型換気装置に関して準用する。この場合において、前項第三号中「吸気」とあるのは「送気、吸気」と読み替えるものとする。

(補修)

第二十三条
事業者は、第二十条第二項及び第三項(第二十条の二第二項において準用する場合を含む。)の自主検査又は前条の点検を行なつた場合において、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、年末年始に伴い下記のとおり冬季休業をさせて頂きます。

ご繁忙の折柄、何かとご迷惑をお掛けする事と存じますが、

ご了承くださいますようお願い申し上げます。

12月28日(木) 平常営業

12月29日(金)~1月4日(木) 冬季休業

1月5日(金)平常営業

1月6日(土) 休業

以上


拝啓、貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、弊社誠に勝手ながら下記の通り夏季休業をさせて頂きます。

皆様には、ご不便をおかけする事のないよう万全の体制にて臨みますので

よろしくお願い申し上げます。

8月11日(金)~8月16日(水):夏季休業

8月17日(水)より平常通り営業いたします。


2.ロック全体.JPG

3.スピーディ60.JPG

4.スピB説明.JPG

5.スピB作業中.JPG

6.マセラ.JPG

7.REVO画像.JPG


SASAKI NEWS 最新号発行いたしました!
2017.6.6.pdf

2017.6.jpg


SASAKI BP NEWS 最新号第5号が発行されました。
SASAKI BP NEWS第5号.pdf
SASAKI-BP-NEWS5.gif


建築部門担当の営業1課が実施しております「塗装研究室」の

第5回目、第6回目の実験を行いましたのでレポートいたします。

第5回目としては「弱溶剤2液塗料の可使時間をオーバーして仕上げた塗膜への影響について」

第6回目は 「錆転換剤の商品別比較について」 です。

実験結果はこちらからどうぞ↓

塗装研究室第5回.pdf

塗装研究室第6回.pdf


建築部門担当の営業1課が実施しております「塗装研究室」の

第4回目の実験を行いましたのでレポートいたします。

今回は、

「屋根用塗料2商品の塗り分けについて」です。

実験結果はこちらからどうぞ↓

第四回塗装研究室.pdf


お待たせをいたしました。
SASAKI BP NEWS 第4号発行いたしました。

SASAKI BP NEWSvol4 - .pdf

SASAKI-BP-NEWS-vol-4----1.jpg

SASAKI-BP-NEWS-vol-4----2.jpg

SASAKI-BP-NEWS-vol-4----3.jpg


建築部門担当の営業1課が実施しております「塗装研究室」の


第3回目の実験を行いましたのでレポートいたします。


今回は、

「弱溶剤2液タイプの硬化剤比率を、入らない材料から3倍まで入れた塗膜の


硬化状態と塗料シンナーで再溶解するのかを確認。」です。


実験結果はこちらからどうぞ↓

塗装研究室第3回.pdf


Copyright (c) 2010 sasaki toryo Corporation. All Rights Reserved.